In vivo イメージングフォーラム2016 開催のご案内

平成28年12月吉日

In vivo イメージングフォーラム2016
ご報告



本年度のin vivoイメージングフォーラム2016は、大盛況のうちに終了させて頂きました。

お忙しいところ快くご講演頂いた先生方、ポスター発表頂いた先生方、およびご参加頂きました皆様には厚く御礼申し上げます。

本年は、IVISイメージングの基礎知識から、1000nmを超える蛍光波長を対象にしたOTN-NIR蛍光イメージング、更にCT、MRI、光音響といった他のイメージングモダリティまで含めた多岐に渡るご講演内容となり、ご参加頂いた方からは非常に勉強になったとの有難いお言葉を頂戴しております。

今後もIn vivoイメージングに関する情報交換の場として、皆様に本フォーラムをご活用頂けるよう引き続き努力していく所存です。

来年度もin vivoイメージングフォーラム2017(第12回IVISユーザー会)にどうかご期待ください!!  

フォーラム風景(会場:コクヨホール(品川))

フォーラム風景写真(クリックで詳細画像を表示)   フォーラム風景写真(クリックで詳細画像を表示)
フォーラム風景写真(クリックで詳細画像を表示)   フォーラム風景写真(クリックで詳細画像を表示)
フォーラム風景写真(クリックで詳細画像を表示)   フォーラム風景写真(クリックで詳細画像を表示)

過去のIVIS Imaging Systemユーザー会情報




平成28年5月吉日

In vivo イメージングフォーラム2016



毎年ご好評を頂いております、In vivoイメージングフォーラムを今年も開催する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。

本年もIVISユーザー様を中心に最新の活用例をご紹介頂きます。CT、PET、組織イメージング製品に関する発表もあり、イメージングに関する幅広い情報交換の場としてご活用頂ければ幸いです。

詳細は随時こちらにご案内させて頂きます。皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ち申しあげます。

概要

項目 詳細
日時 20161111日(金)
講演: 10:00〜17:30 懇親会: 17:45〜19:45
場所 コクヨホール(品川) 
対象 IVIS Imaging System等弊社取扱い装置のユーザー様
および、In vivoイメージングにご興味のある研究者様
定員 先着150名
(※代理店様、競合他社様など、弊社判断でご参加をお断りする場合がございます。予めご了承下さい)
参加費 参加費、懇親会費ともに全て無料

プログラム

講演内容、講演時間等、予告なく変更になる場合があります。
あらかじめご了承ください。

1111日(金)9:30〜受付開始
10:00

10:05
須藤 龍也開会のご挨拶
住商ファーマインターナショナル株式会社 代表取締役社長
須藤 龍也
10:05

10:35
JaeB Kim, Ph.D. Non-Invasive Imaging Tools for
Basic and Translational Research

PerkinElmer Senior Application field Scientist
JaeB Kim, Ph.D.
10:35

11:05
岩脇 隆夫 先生 細胞ストレスおよび
炎症可視化モデルマウスの開発とその性能

金沢医科大学 教授
岩脇 隆夫 先生
11:05

11:35
久保 均 先生 MRイメージングの基礎
−前臨床研究でどのように活用するか−

福島県立医科大学 先端臨床研究センター 教授
久保 均 先生
11:45

13:15
ランチョンセミナー(製品紹介等) / ポスター・機器・カタログ展示
13:15

14:00
近藤 科江 先生 IVISイメージングの基礎知識とアプリケーション
東京工業大学 生命理工学院 生命理工学系
ライフエンジニアリングコース 教授
近藤 科江 先生
14:00

14:30
小川 美香子 先生 光を用いた動脈硬化イメージングの可能性
北海道大学大学院 薬学研究院 生体分析化学研究室 教授
小川 美香子 先生
14:30

15:00
辻 敬一 先生 当施設における霊長類脳血管の画像評価
滋賀医科大学 脳神経外科学講座 大学院生
辻 敬一 先生
15:00

15:30
コーヒーブレイク / ポスター発表、機器・カタログ展示
15:30

16:00
曽我 公平 先生 OTN-NIR(NIR II/III)における
蛍光イメージングの現状と今後の展開

東京理科大学 基礎工学部 教授
曽我 公平 先生
16:00

16:30
伊藤 憲 先生 マルチモダルイメージングを用いた創薬への応用
-Microenvironment Modulatorとしての
エリブリンを例に-

エーザイ株式会社 ハリコンドリン研究室 主幹研究員
伊藤 憲 先生
16:30

17:00
渡邉 リラ 先生 IVISによるマウス生体内の抗体
in vivoイメージング

第一三共株式会社 主任研究員
渡邉 リラ 先生
17:00

17:30
田中 伸幸 先生 in vivoイメージングを用いた
黄色ブドウ球菌感染の解析

宮城県立がんセンター研究所 がん先進治療開発研究部 部長
田中 伸幸 先生
17:45

19:45
懇親会