Mantra

商品紹介

マルチスペクトル組織切片定量解析ワークステーション Mantra

マルチスペクトル組織切片定量解析ワークステーション Mantra

Mantraは、組織切片の定量解析を目的とした、蛍光・明視野解析に対応したマルチスペクトルイメージング技術のパッケージングソリューションです。蛍光色素ごとのフィルター設定、色素の組み合わせごとのスペクトル波長範囲の自動設定を可能にし、より簡便に多重染色組織切片のマルチスペクトル解析を可能にします。組織イメージ解析ソフトウェアinFormを内蔵し、腫瘍細胞のフェノタイピング、組織サイトメトリーが可能です。

組織切片上で免疫細胞を観察することは、体内を循環している状態とは違った「現場」での様々な免疫細胞の役割や挙動を捉えることができます。それにより、腫瘍や炎症部位、あるいは様々な役割を果たしている組織の形態と、分子マーカーを発現している細胞の情報、およびその関連性といった多くの知見を得ることが出来ます。

Mantraの特長

  • ベンチトップサイズ
  • 電動対物レンズ&蛍光フィルターターレット
  • 最大8種類の標識をイメージングしてシグナル毎に分離
  • 撮影(Mantra Snap)から解析(inForm)へ連続データ移行
  • Pathology View:蛍光サンプルを明視野(ヘマトキシリン+DABなど)イメージ変換表示
  • 細胞表現型解析(Phonetyping)
  • 近赤外イメージング対応* (*オプション)