コーポレートガバナンス

コンプライアンス指針・体制

当社では、会社の利益追求を優先するあまり、役職員がコンプライアンス違反を起こすことは絶対にあってはならないと考えており、コンプライアンスを徹底するために、コンプライアンス委員会を設置して日頃からコンプライアンス違反の予防に努めております。その一環として、住友商事株式会社と共通のコンプライアンス指針を掲げた「コンプライアンス・マニュアル」を全役職員に配布し、コンプライアンス上で疑義が残るような行為は「やらない」ことを徹底しています。万が一、コンプライアンス上の問題が発生したときは、直ちに上司あるいは関係部署に報告し、若しくは社内外からの不正告発が有った際には、速やかに調査を行い、最善の措置をとることを常日頃から徹底しています。

※住友商事のコンプライアンス指針

コンプライアンス啓発活動

イントラネットに「コンプライアンス・マニュアル」や各種法令に関するマニュアルなどを掲載し、常に最新版が閲覧できるようにしているほか、全役職員を対象としたeラーニング「コンプライアンス講座」を継続的に実施するなど、各種のコンプライアンス教育・啓発活動を推進しています。

スピーク・アップ制度

コンプライアンスの観点から問題が生じた場合、職制ラインによる報告ルートのほかに、コンプライアンス委員会に直接連絡できる制度として「スピーク・アップ制度」を導入しています。本制度は調査結果をフィードバックするために、顕名による情報連絡を原則としていますが、情報連絡者及び情報内容の秘密を厳守することや、情報連絡行為による連絡者本人への不利益な処遇がないことを社内規程により保証しています。