社長メッセージ

中村 健一

代表取締役社長

中村 健一

近年、医薬品産業を取り巻く環境は急速に変貌を遂げつつあり、その変化に対応する為のイノベーション力・国際競争力の強化は政策的な課題としても極めて重要なものと成ってきております。この為、例えば、日本医療研究開発機構(AMED)の発足、iPS細胞実用化の体制整備、研究開発一般の減税拡充、新薬創出・適応外薬解消等促進加算制度の導入などの諸施策がとられています。また、医療財政の健全化・効率化のため、後発医薬品の使用促進、セルフメディケーションの推進が一層図られ、薬価毎年改定などの措置も現実化してきています。

このような環境下、新薬メーカーにおいては、真に革新的な新薬を創出する能力向上に向けた選択と集中、オープンイノベーション、長期収載品のライフサイクルマネジメントの推進といった工夫も一層活発になってきています。一方、ジェネリック医薬品メーカーにおいては外資等による新規参入や2極化が進んでおり、OTCメーカーにおいても医療用医薬品の成分を転用したスイッチOTCのさらなる拡がりが見られます。

さらに、化粧品産業のグローバル環境に目を転じますと、成熟した日欧米市場のセグメンテーションの多極化、新興国の消費拡大による新たな普及品市場の創造など、従来地域別に分断していた市場の一体化が進み、我々素材供給の一端を担う企業も、益々グローバルなネットワークの構築とともに、多様な市場への対応が求められる状況となっております。

斯様な複雑化した市場環境の中で、弊社は、住友商事グループの中核事業会社として、グローバルベースのネットワークを駆使し、創薬に関する研究機器・ATCC生物資源に始まり医薬品原料・中間体・副資材にわたる一貫した質の高い商品・サービスを提供することを通じて、医薬品・OTCなどすべてのカテゴリーにおいてバイオ・医薬品産業を支え、お客様のパートナーとして産業競争力の強化と国民医療の充実・健全化に貢献すると同時に、成長する化粧品グローバル市場に向けて、常にお客様、消費者の皆様へイノベーションに満ちた新規素材や技術を提供して参ります。

今回新たに設けました弊社ミッションステートメントにもあります通り、

1) 人々の健康と豊かな生活への貢献
2) イノベーションを通じた、お客様の価値創造のサポート

を社員一丸となって実現することで、広くグローバルに経済活動に寄与する、存在感のある企業として活動して参りたいと存じます。

今後とも引続きご支援を賜りますよう、何卒よろしく御願い申し上げます。