IVIS Imaging System

PDF等資料のダウンロードにはユーザー登録が必要です。

キャンペーン情報

商品紹介

In vivo 2D/3D 発光・蛍光・RI・X線・CTイメージングシステム IVIS Imaging System


In vivo 2D/3D 発光・蛍光・RI・X線・CTイメージングシステム IVIS Imaging System

PDF等資料のダウンロードにはユーザー登録が必要です。

IVIS Imaging Systemは、生体内の目に見えない非常に微弱な発光や蛍光を超高感度冷却CCDカメラで捉え、定量化できる光 in vivo イメージングシステムです。

光を用いたイメージングでは、光源の光の波長が重要です。一般的に、波長600nm以上の光が組織透過性が高いことがよく知られています。

発光イメージングでは、遺伝子のレポーターアッセイに広く利用され、600nm以上の波長の光を多く有するホタル(firefly)由来のルシフェラーゼ(Luc)を利用します。目的とする遺伝子のプロモーターの下流にLuc遺伝子を組み込んだ細胞や動物を作製し、目的の遺伝子が発現する際に発せられる光を捕捉します。捉えた光は専用のLiving Imageソフトウェアによってデジタル処理され、擬似カラーで表示されます。

蛍光イメージングでは、専用の励起光源と励起フィルタ、吸収フィルタを用いることで、レポーターとして、蛍光タンパク質を導入した細胞や動物の観察、蛍光物質などで標識した薬剤や抗体が発する蛍光の追跡が可能になります。IVIS Imaging Systemを用いることで同一動物のリアルタイムな生体反応を in vivoで経時的に観察することが可能になります。

IVIS Imaging Systemの特長

in vivo イメージングに特化した超高感度CCDカメラを搭載

IVIS Imaging Systemは、1.3cm×1.3cm、または2.7cm×2.7cmの大型CCDセンサーを搭載した高性能カメラを使用しています。更に生体内の非常に微弱な光を捉えるために、空冷または水冷式で最大-90℃に冷却しています。これにより電気ノイズを限りなく少なくさせることができ、生体内の発光や蛍光を超高感度に捉えることができます。

in vivo イメージングに必須の発光と蛍光が共に測定可能

IVIS Imaging Systemは、発光イメージングと蛍光イメージングのどちらも超高感度に測定することが可能です。蛍光イメージングでは、緑色から近赤外までの蛍光イメージングが可能な最大28種類の高性能フィルターが搭載されています。蛍光タンパク質(GFP,DsRedなど)や蛍光マーカー(Cy5.5,ICGなど)に加え、近年ますます種類が増えている近赤外領域の蛍光スペクトルを持つ様々な蛍光試薬をご利用可能です。最新のスペクトルアンミキシング機能には、PerkiinElmer社が特許を保有するCPS(Compute Pure Spectrum)アルゴリズムが組み込まれており、正確な自家蛍光の除去、アンミキシングおよび蛍光の定量性を保証します。

測定におけるハイスループットを実現

IVIS Imaging Systemは、イメージングの準備(基質のルシフェリン投与)から測定・定量まで約30分で終了します。実際のイメージを習得するための測定時間は非常に短時間で、通常、発光測定で1分以内、蛍光測定なら数秒で可能です。視野範囲(FOV)は最大23cm×23cmで麻酔下で5匹のマウスの同時測定が可能です。新機種であるLumina S5/X5では、更なるハイスループットイメージングが可能な独自のアクセサリーも充実しています。

生物学研究における測定値の信頼性と定量性を保持

IVIS Imaging Systemは、CCDカメラによる体表面における測定値から生体内の光源の強さを計算しています。この計算にはTissue Diffusion Model理論(※1)を構築してシュミレーションを行った結果導き出された、photon/secという物理量を用いています。これによって、IVIS Imaging Systemにより得られた結果は光源の強さを十分に反映しているといえます。例えば、がん細胞の数と光の強さ(フォトン)の間には正の相関関係があり、また多くの文献で報告されているように生物学研究において十分な定量性を保持していると考えられます。

非常に使いやすく操作性に優れたソフトウェアを搭載

IVIS Imaging Systemは、非常に使いやすいソフトウェア(Living Image®)を搭載しております。イメージの撮影やROI(Region of Interests)の光量の数値化もワンクリックで行えます。また、得られた画像や数値は、他のソフトウェアにコピー&ペーストで移動でき、発表資料作成も簡単に行えます。また、このソフトウェアは全機種ともに同じフォーマットを使用していますので、どの機種も同じようにご使用頂けます。

全てのIVIS装置に標準装備された絶対校正機能により、同一施設内または他施設のIVIS装置を問わず、倍率やフィルター選択、撮影条件等に左右されない、一貫した再現性を持つ結果を得ることが出来ます。

可変可能なサンプルステージ

サンプルステージは自動で、最大4段階の視野変更が可能です。これにより、マウスを10匹または5匹同時測定可能な最大視野から、任意の場所の接写という最小視野まで自在に変更することができます。さらに、最小視野からのデジタルズームも可能で、in vivoからex vivoまで多くの研究用途にご使用頂けます。

保温可能なサンプル台を全機種に標準装備

ガス麻酔時にマウスへの低体温症を防ぐことができます。

専用設計のガス麻酔システムをオプションで装備可能

マルチモダリティへの対応(CTやMRIなど他のイメージングデータとの融合が可能)



発光・蛍光in vivoイメージングに必要な、各種発光試薬・蛍光試薬やin vivoイメージングのために開発されたルシフェラーゼ遺伝子をコードさせた、細胞株、微生物などの充実した商品ラインナップ

※1 B.W.Rice,et al.,(2001) J.Biomed.Optics,6
※2上記記載の性能は機種により異なります。詳細は弊社営業までお問合せください。