ABOUT会社を知る

医薬ビジネスの真ん中に。

「社長メッセージ」

世界の先端を
持ち寄り、
日本の医療の問題を
解決していく。

代表取締役社長 
奥山勝也

 

世界の先端と日本をつなぐ。
グローバルな視野で、
医薬品業界に影響を及ぼしていく。

私たちは、住友商事の化学品事業からスタートした医薬品の専門商社です。医薬品の商社というと、医薬品原料を供給していくイメージがあるかもしれません。しかし、私たちのビジネスはそれだけではありません。例えば、海外ベンチャーなどの新しい技術や、薬の種を国内の製薬企業に紹介することで、創薬のサポートを行う。海外の優れた実験機器や分析機器を見つけ出し、研究機関に提案する。つまり、“医薬品”というモノづくりの面だけでなく、未来の医療の進化にも関わっているのです。そして、一つの製薬企業だけに偏ることなく業界全体を俯瞰し、影響を及ぼしていく。私たちの仕事の責任の大きさの所以はここにあり、それが醍醐味なのではないかと考えています。

新興国メーカーの
技術力を上げ、
高品質・低コストを実現していく。

日本の製薬企業へ先端情報を届ける、という役割を担う私たち。けれど、その事業の根幹は、やはり医薬品原料の供給にあります。しかし、海外から製薬企業に原料を供給するスキームはすでに確立されており、一定の原料メーカーに依頼が集中する世界。そうした状況下で、いかに企業が求める品質と合理的なコストを実現するのか? そんな課題にこそ、私たちならではの知恵と経験が活かされています。例えば、新興国で化学品メーカーを探し出し、医薬品原料の製造ノウハウを身につけるための技術支援を行い、成長をサポートしながら、製薬企業が望む品質とコスト低減を実現する。そうした方法により、これまでにない原料供給のルートをつくり出しています。これは、高齢化社会に悩む日本の課題を解決するだけでなく、新興国メーカーの技術の発展に寄与できるビジネスモデル。まさに、世界の様々な課題を解決することができる価値の高い仕事ではないかと考えています。

求めているのは、
グローバルマインド。
世界を舞台に、
たくさんの
チャレンジをしてほしい。

私たちが若手に求めるのは、グローバルマインドです。もちろん、英語をはじめとする外国語を話せることは理想的です。けれど、私たちが大切にしたいのは語学力だけではなく、「世界に羽ばたきたい」「広く世界を見てみたい」という好奇心やアグレッシブさです。ここには住友商事から受け継いだ商社の遺伝子があり、さらに医薬品に関わる高い専門性があります。この二つの力を活かして、医療や健康に関わる課題に取り組んでいく。そして、ますます高齢化の進む社会の中で、増大していく医療費をいかに減らしていくのか。今ここで、私たちが何かしないと日本の財政は破綻してしまうでしょう。この喫緊の課題と大きな未来の可能性を見据えながら、私たちと一緒に世界を舞台に働いてみませんか。

他の会社情報をみる

ABOUT会社を知る